??????????????????????????????BLOG

政策・理念

PDFで表示⇒click!   最新版1 PDFで表示⇒click! 最新版2 PDFで表示⇒click!

私は、本市が持つ「多くの可能性=宝」に息吹を注ぎ、私たちが暮らす西条に誰もが愛着を持ち、他の地域に住む皆さまが羨むような「ワクワクするまちづくり」に果敢に挑んで参ります。流れを変えるのは今です。

 

5つの基本政策が決定しました。この基本政策をもとに、「ワクワク度日本一」の西条を実現します。

 

「市民主役の西条」の実現!

地方自治は、住民福祉の増進が目的です。そこで「市民主役の西条」を揚げます。
具体的には、住民自治の強化、市民協働の推進、コミュニティ力の形成を重点として取り組み、市民の意向を市政に確実に反映させています。

 

日本一のうちぬきを後世まで守ります!
「自治体の憲法」ともいわれる自治基本条例の制定
◎地域の課題解決に向け住民が主体的に取り組む地域自治組織の設置
若者、女性、高齢者や障がい者が活躍できるステージの提供
防災ひとづくりの推進(防災士との協働・連携の充実、中高校生への防災教育の拡充)
“うちぬき”に代表される瀬戸内から石鎚に至る豊かな自然・文化の保全及び後世への継承

 

「住みたい西条」の実現!

これからの時代は「選ばれるまち」に変貌しなくてはなりません。そこで「住みたい西条」を揚げます。
具体的には、子どもを生み育てやすい環境づくりをはじめ、安全・安心のまちづくりの推進など様々な政策を進めることで、他の地域からの転入を促進します。この「住みたい西条」は、現在、住まわれている皆さんにとっては「住みたい西条」にもなります。

 

ワクワクし、みんなが育つ教育環境と健康都市を実現!
「健康都市」宣言。健康寿命の延伸、QOL(Quality of life)の改善を目指し、子育てから介護までマネージメントされた一歩先を進む先進自治体を実現”
がん対策推進条例の制定、中学2年生ピロリ菌対策事業等によるがん予防、中小零細企業と連携した“健康経営”の推進”
◎消防救急体制の充実強化(河北地区に出張所を新設、救急隊の配備)
買い物弱者、交通弱者はじめ社会的弱者対策の推進による誰もが住みたくなるまちの実現
◎ICT教育、地域の強みを積極活用した教育環境の充実による“21世紀型スキル”の醸成

 

「市民と進める行財政改革」の実現!

いま抜本的な行政改革が求められています。そこで「市民と進める行財政改革」を揚げます。
具体的には、西条市が実施する新規の政策については、必ず市民の意見を反映する仕組みを構築します。また「若者会議や女性会議(仮称)」などを立ち上げ、市政に若者を女性など市民目線の意見を反映していきます。

 

若手や女性の視点も活かした日本一の改革!
◎徹底したスクラップ&ビルドによる財政健全化と見える化推進(事業内容、財源内訳等の可視化)”
◎地方主権時代に対応する地域力を活かした行財政改革の実現、自治体シンクタンクの設置
若者会議・女性会議(仮称)などの設置、各界各層との市民対話活動の実践
管理職の若手・女性の積極登用、中央官庁等との積極的な人事交流の推進
コンビニ収納をはじめ市民ニーズに合致した新たな収納方法の実現

 

「夢が持てるまち西条」の実現!

いまの低迷した現状を打破するために「夢が持てるまち西条」を揚げます。
具体的には、情報通信技術を活用したスマートタウンの構築やエネ・タウンを検討します。また、地域経済の活性化を進めることで、所得水準の向上を目指します。これらを達成するために、市内外の様々な企業と連携を図りながら進めて参ります。

 

ワクワク度日本一のエネ・タウンを目指します!
◎新産業(水素など再生可能エネルギー)の創造によるエネ・タウン構想の展開
◎秀でた才能の顕彰並びに若者のスポーツ・文化・芸術活動への支援(ワクワク大賞の創設)、西条“夢”プラン(次代を担う西条魅力人財育成プログラム)の策定”
◎農業・林業・水産業のブランド確立による高収益化、地産外商の推進(大阪事務所の復活)
事業承継支援による地域中小企業支援の充実、創業支援、ICT技術を活用したスマートタウン構築、研究開発型企業の誘致や立地企業への支援推進
◎㈱西条産業情報支援センター(サイクス)の充実、えひめ東予産業創造センターとの連携、さらに全国の支援機関とのネットワーク構築

 

「つながり広がる西条」の実現!

ブランドカを持つ地域は、生存競争において有利な立場にあると言われています。そこで「つながり広がる西条」を掲げます。具体的には、「地方版総合戦略」を一層推進するため、「産・学・官・金・労・地」との連携強化に取り組みます。また、経済圏域における地方自治体との連携や政界・財界との機動的な関係の構築、西条市の売り込みや知名度向上の取り組みにより本市のイメージを高め、経営資源の獲得を目指して参ります。

 

西条のワクワクを世界へ発信!
◎シティプロモーションの充実 ~つながり広がる都市間交流の構築
各国大使館へのトップセールスによるインバウンド増加、販路拡大!
◎日本海~瀬戸内~太平洋を結ぶ、やまなみ~しまなみ~石鎚山系・仁淀川ルート(バス路線等)構築による観光客や交流人口増加
◎音楽家、美術家、パフォーマー、アーティスト等が創作活動をしやすいまちづくり
◎四国のものづくり拠点としての人財育成、産・学・官・金・労・地の連携強化と世界への発信

 

PDFで表示⇒click!


施策の一例を紹介すると…

お祭り文化から派生する交流人口拡大や地域経済の活性化

2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界各国から数多くの人々が日本を訪れます。これに指を咥えているだけでは駄目です。私は、チャンス到来と受け止め、魅力・潜在力あふれる西条のセールスマンとして、企業や研究機関などの誘致と地域経済の活性化に努めます。


市長は、東南アジアを始めとする各国大使館へのトップセールスを

●地域の課題解決に住民たちが自主的に取り組む地域運営組織(仮称)の設置

●若者や女性、障がい者が活躍出来るステージの提供

●子育てから介護までマネージメントされた一歩先を進む健康都市の実現

●徹底したスクラップ・アンド・ビルドによる財政健全化

●新産業(水素など再生可能エネルギー)の創造によるエネ・タウン構想の展開

●四国のものづくり拠点としての人材育成や経済圏における連携強化


 

 

 

Copyright(C) Toshihisa Tamai All Rights Reserved.