??????????????????????????????BLOG

今朝、壬生川小型船だまり製氷・冷凍施設落成式が執り行われました。
今年最後の「大漁市」には、ご覧の通り人垣が…
壬生川漁協では、「瀬戸の媛がに」「雅瀬のハモ」とネーミングし、ガザミやハモのブランド化に取り組んでいます。是非ご賞味ください。m(_ _)m

20161211-090352.jpg

20161130-065955.jpg

20161130-070007.jpg

20161130-070015.jpg
28日9時、極度の緊張のなかでの初登庁。
ご支援を頂いた後援会の皆さま、これから一緒に働くこととなる職員の皆さま、市政の一翼を担う市議会議員の皆さまにお迎えを頂きました。感謝m(_ _)m
この後、課長級以上の職員を前に訓話、就任記者会見、業務引き継ぎ、部長級職員との庁議と慌ただしく半日が経過。午後からは企業回りと続いた市長初日の1日目でした。疲れた〜(*^^*)
「ワクワク度日本一宣言」元気あふれる西条の実現に向けて走り続けます。

この度の西条市長選挙におきましては、
皆さま方からの温かいご支援により当選を果たすことがことが、できました。
心より感謝申しあげます。
t1120hp750
いまは、当選の喜びよりも、その責任の重さをヒシヒシとかんじておりますが、
「ワクワク度日本一の西条」の実現に向けて、
一歩一歩、あゆみを進めてゆきたいと思っております。
 
そして、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます。
 
本当に、ありがとうございました。
 t1120hp813

 

ICTを用いたデマンド交通について、高齢者の交通手段のかくほについておもいをのべています。

 

 

 

 

 

玉井としひさは、霊峰石鎚山の恵みであります『うちぬき水』を守りぬきます。

t1119hp6328

 

そして、林業・農業・漁業など、豊かな自然にはぐくまれる第一産業を大切に発展させながら、さらに地元で加工したものを全国各地はもとより、広く海外へも輸出するネットワークを再構築することで、農産物の生産(1次)、加工(2次)、流通(3次)などの機能を集積した総合6次産業都市化を強く推進してまいります。

 

 

p1010445

 

 

玉井としひさは、かかげた公約を、市民皆さんとの約束だ!と思っておもっています!!

 

t1119hp3928

私は、昨日まで、「5つの基本政策=公約」について、私の思いをお届けさせていただきましたが、行政には“継続性”も必要です。現在、実施している市民の皆さんの幸せにつながるような施策は、さらに磨きをかけて、より良いものにしていきます。

その上で、“市民ファースト”をスローガンとして掲げ、“ワクワク度日本一の西条”に向けたチャレンジをしたいと思っています。

 

 

t1119hp6299-1

そして今回の活動をつうじて国会議員の方々を含めて市民の皆さまからも、あたたかいお言葉を頂戴しました。

 

じつは私、玉井としひさこそが、すでに一番ワクワク感を実感しているのかもしれません。この実感を、将来を担う若者をはじめ、市民のみなさん方にも感じてもらえるように、明るく夢と希望あふれる西条の実現にむけて全身全霊をかたむけて取り組んでまいります。ぜひ、私、玉井としひさと一緒にその実現に向けてあゆんでいきましょう。

 

すでに期日前投票にいっていただいた皆さまに、心から感謝しております。また、明日の投票日にいかれる方には、なにとぞ玉井としひさに一票を投じていただけますよう、心からお願い申しあげます。

 

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

10-27-002

 

 

 

 

一面の、西条市長選挙あす投票という記事のなかで、“青野氏は東予港の整備や木材を直交するように貼り合わせた大型パネル(CLT)の製造工場建設などが進んでいることを紹介し、『この流れを断ち切ってはいけない』”と、ご心配なさっているようですが、

市民のみなさん、どうぞご安心ください。

 

玉井としひさは、いま進んでいる良い取り組みについては、しっかり引き継ぎ、さらに磨きをかけて素晴らしいものにしていきます。たとえば昨日、発信しましたようにICT(情報通信技術)を導入した教育の充実につけても、同様です。

 

t1119hp451

 

東予港の整備については、4年以上前から取り組んでいる重要な事業の一つですから、引き続き進展させていくのは当然だと考えています。

CLTについては、林業が欠かせません。したがって、学校教育の段階から林業に興味をもち、林業にかんする基礎知識や技術を受けついでいけるように、うながすことも必要だと考えます。

林業にかぎらず、さまざまな業種についても、どうように注力し、人を育てるまちづくりを推進してゆきます。

 

t1119hp5329

 

私は、今回の選挙をつうじて『誠実・情熱・優しさ + 即 行動!』を政治信条とし、フレッシュな感性による公正・公平、クリーンな行政を推進し、“ワクワク度日本一の西条”の実現を目指すということを市民のみなさんに訴えさせていただきました。

今回の市長選挙は、残り二日となりました今日、あらためて市民の皆さんに誓います!

 

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

t1119hp121785

 

 

 

 

 

 

 

 

玉井としひさが思いえがいている将来の西条市です。

 

積極的にICT(パソコンやスマフォによる情報通信技術)を活用することで、安全・安心して若者からお年寄りまで住みつづけることができる、住みたいと思ってもらえるまちづくりをすすめます。

 

たとえば、若い世代には子育て支援、中高年の方には健康増進、介護予防、在宅ケアの充実をはかります。

 

地域医療との連携をすすめ、ICTによって皆さんのご家庭と情報交換できるネットワーク作りです。

 

詳しくは、下の図をクリックしていただければ、少し具体的に見ていただけると思います。

 

%e5%b0%86%e6%9d%a5%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

 

 

以上

5つの基本政策=公約の5番目、『つながり広がる西条』の実現について、

玉井としひさの思いをお届けします。

 

t1117hp841

 

1.シティプロモーションの充実 ~つながり広がる都市間交流の構築~

まずは、西条市民みなさんに、西条の魅力を再発見をしてもらう取り組みから始めます。

次は、再発見した魅力を、市民の皆さんお一人お一人が主役となって県内外、国内外に発信をして頂けるようにネットワークを整えていきます。そのネットワークのなかで、都市間交流がいっそう活発になってゆけば、自然とシティプロモーションが充実してゆくのです。

*これは、公約の一番目にかかげた「市民主役の西条の実現」にも直接結びつく取り組みの一つです。

 

2.各国大使館へのトップセールスによるインバウンド増加と、その販路の拡大

上記のような市民主役のシティプロモーションを、さらに充実させ、より強力におしすすめるためには、市長みずからが、じっと市長室に座っているわけにはいきません!!

たとえば関係各省庁はもとより、東京にある各国の大使館へも出かけてゆきトップセールスしてゆきます。

*これによって、全国各地からだけではなく、広く海外からも西条へおとずれる人を増やしてゆきます。同時に、西条の特産品の販路拡大にもつながってゆく、そんな活動です。

 

10-27-002

 

3.さきに述べた1.と2.の活動を確実なものにしていきます。

中国地方や四国地方を訪れる人々を、西条にも引っぱってくる仕組みづくりとして、日本海~瀬戸内~太平洋を結ぶ観光ルートの整備をします。

さらに、高知県と西条市を寒風山経由で、乗り換えなしでダイレクトにむすぶバス路線を新設することで、観光客や買い物客の増加をうながします。こうして、やまなみ~しまなみ~石鎚山系・仁淀川ルートを構築してゆくのです。

 

4.西条在住のアーティストやパフォーマーたちが、それぞれの活動をしやすまちづくりをすすめます。

西条には、海抜0メートルから2,000メートルまで広がっている豊かな自然環境があります。それを目いっぱい活用して、それぞれの練習や創作活動がはかどる場所づくり、また発表の場と機会を増やしてゆく、そんな取り組みです。

さらには、こういった文化活動をふくめて、西日本最高峰石鎚山系の魅力を国内外に発信すれば、よりいっそう西条市特有の個性が伝わってゆき、一番目に明記したシティプロモーションにもつながっていきます。

 

t1117hp091

 

5.じつは、西条市は四国でも屈指の「ものづくり拠点」なのです。

そんな素晴らしい西条を、さらに発展させることで、公約の2番目にかかげた『住みたい西条』の実現、つまり安心して子どもを産み育て、ずっと住みつづけることができるまちづくりを実現いたします。

このように、玉井としひさのかかげた5つの公約は、それぞれが関係しあい、しっかりとした筋道がとおっている!!と、ご理解ください。

そんな西条に生まれ育った人なら、ふるさと西条市の魅力が心にしみこんでいる、と信じます。

その人たちがまた、子どもを産み育てずっと住みつづけてくだされば、ますます四国の「ものづくり拠点」の継続と安定が望めるのだ!!と、玉井としひさは信じているのです。

t1117hp620

 

もう、お分かりいただけましたでしょうか?! 

すばらしい西条市を後世に引きついでゆく、その原動力、すなわち主役が西条市民である皆さん方なのだ!!と、玉井としひさは信じているのです。

したがって、原動力・主役である市民の皆さんの活躍をバックアップすることこそが行政の役割なのだ!!と、玉井としひさは考え、このたび西条市長選挙に立候補したのです。

 

t1118-32hp

 

当選したなら、かかげました5つの公約すべてを実現していくために、高校・大学研究機関各種企業金融機関などを調整して全体をまとめ、皆さんの明るい夢と希望を後押しさせてください。

 

 

* 今日まで、「5つの基本政策=公約」について、玉井としひさの思いをお届けしてまいりました。明日は、改めて今後の市政運営に対する玉井としひさの熱い思いを語らせていただきます。

 

玉井としひさは、市内だけにとどまることなく、県や国、さらには海外にまで視野を広げ、西条市民の幸せ、まちの発展のために、全力で行動してまいります。

ishizuchi

 

 

 

玉井としひさの活動や思いを動画にして、

玉ちゃんねるへ追加いたしました。

 

玉ちゃんねるも、どうかご覧くださいますようお願い申し上げます。

 

この下の、玉ちゃんねる をクリックねがいます。

 

「 玉ちゃんねる  」

 

 

以上

 

 

足は現場に!胸には祖国を!眼(まなこ)は世界へ!

 

これは、玉井としひさが好きな言葉のひとつです。西日本最高峰・石鎚山の恵みによって古代から栄えてきた西条の大地に足を踏んばり、明るい夢と希望が、うちぬき水のようにあふれ出す地域として、ますます発展させてゆくためには、国政との連携が必要不可欠です。

 

t1117hp09

 

動画でも語りましたが、玉井としひさは、そのネットワークを築いてきましたし、よりいっそう充実した広がりとも、なってまいりました。心から感謝しております。

 

こうした力をフルに活用して必ずやワクワク度日本一の西条として、さらには世界に誇れる水の都にまで押しあげてゆきたい!!

 

これを実現させていくためには、まず西条市民みなさまのご期待と、

ご賛同と、ご支援・お力添えが必要なのです。

 

t1117hp112

 

どうか、みなさんの大切は一票を玉井としひさに投じて下さい!!

 

残り二日間となりました。なにとぞ、もう一票、もう一票の積み重ねを、よろしく!お願い申し上げます!!

 

 

 

玉井としひさ個人演説会を次の通り、開催いたしますので、

多くの皆さまにご臨席賜りますようお願い申し上げます。

 

日時 11月17日(木)19時30分~ 

会場 西条西部地域交流センター

 

よろしくお願い申し上げます。

以上

 

 

みなさん、厚顔無恥という言葉を知っていますか?

ツラの皮が厚い恥知らず、という意味です。

 

しかし、玉井としひさは違います!!

人間としての恥を知っている男です。!!みなさんご存じのとおり、みかけはガッシリとしてコワモテ風ですが、礼節をわきまえて初対面の方にも、しっかりと和やかに応対できる男です。そして、ちゃんと信頼関係を築いていける男です。

 

t1116hp782-3

 

高校時代に野球のキャッチャーとしてきたえた健全な心と身体を張って、みなさんとの約束を必ず守りぬきます!!

愛媛県議会議員時代にも裏表のない真実一路をつらぬきとおした政治家として、その誇りを自ら捨てるようなことはいたしません!!

 

t1116hp782-2

 

これからの西条市を、皆さん方お一人お一人と一緒になってたてなおし、市民それぞれの明るい夢と希望が花ひらいてゆく、そんなワクワク度日本一の西条を実現させてゆきます!!その先頭に立って、みなさんをお守りしながら、道をきり拓いてゆく役を命じてください!!

玉井としひさを人生をかけて、みなさんのご命令をまっとういたします!!

 

t1116hp782-1

これからは、県や中央とのパイプ作りや人間どうしのネットワーク作りが、もっともっと重要になっていく時代です。

これを実現してゆけるのは、持ち前のバイタリティーと誠心誠意がモットーの玉井としひさです!!

 

 

 

 

先日の全日本大学駅伝、テレビ観戦をされた方も多いと思います。最終区間で、青山学院大学が劇的な大逆転を演じ、見事な優勝を果たしました。

青山学院大学と西条の関係を、皆さんは、ご存じでしょうか!? 

今、青山学院大学のある場所は、江戸時代には西条藩の上屋敷だったんです。

そうした西条と縁のある青山学院大学のあの強さはどこから来ているのか?  それは、選手一人一人が最後まであきらめず『1秒を削りだせ』という目標を掲げ、ハードな練習を重ねているからこそだと思います。

 

片山さつき参議院議員に応援演説をいただきました!!

片山さつき参議院議員に応援演説をいただきました!!

 

どうか皆さんお一人お一人、最後の最後まで、“1票”をつむいでいってください。

そうすれば、必ず結果はついてくると信じています。

 

どうか“あと1票”をぜひよろしくお願いします!!

5つの基本政策=公約の4番目、『夢が持てるまち西条』の実現について、

玉井としひさの思いをお届けします。

 

4年前までの西条市は、永田町・霞が関界隈でも『四国に西条あり』と評されるほどの存在感がありました。

しかし、今では、「西条は“輝き”を失ってしまって、どうしたんだ!?」といった声しか届いてきません。

玉井としひさは、こうした現在の混迷ぶりに胸を痛めています。ふたたび将来にわたって希望と誇りを持てる魅力あふれる西条市を実現するために、西条市民お一人おひとりが“夢”を抱けるようなまちづくりを進めたいと思っています。

 

t1116_hp784

 

1.『夢が持てるまち西条』の実現にむかっては市内外の、さまざまな企業・研究機関等との連携のもと、新産業(水素など再生可能エネルギー)の創造によるエネ・タウン構想の展開することにより、地域経済の活性化に取り組み、所得水準の向上を目指します。

 

2.秀でた才能の顕彰や若者のスポーツ・文化・芸術活動等への支援として「ワクワク大賞の創設」と次世代を担う西条魅力人財育成プログラム「西条“夢”プラン」の策定などにも取り組みます。

 

t1115987fb

 

3.農業・林業・水産業について“西条ブランド”の確立に取り組み高収益化をはかります。また、地産外商のいっそうの推進を図るため、4年前に廃止した「西条市大阪事務所」を復活し、“攻め”の姿勢でトップセールスに臨みます。

 

4.今の日本では、全国的に後継者不足による地域中小企業の事業承継問題が大きな社会問題となっており、こうした事態の改善していくために支援策の充実や起業支援、ICT技術を活用したスマートタウン構築、第四次産業革命を見越したIoTやビッグデータ活用に対応した産業支援、研究開発型企業の誘致や立地企業への支援推進などについても積極的に取り組みます。

 

5.また、㈱西条産業情報支援センター(サイクス)の機能の充実、えひめ東予産業創造センターとの連携、さらに全国の支援機関とのネットワーク構築などを進めることによって地域経済の活性化に努めます。

 

「地下水保全管理計画」は即刻見直し、

費用徴収しない方法で保全対策に取り組むことをお約束します。

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

 

* 「5つの基本政策=公約」シリーズ、明日は、『つながり広がる西条』の実現について、玉井としひさの思いをお届けします。

玉井としひさは、政治家を志したころから、地域再生・地方創生ということを考えておりました。こんな大きな仕事は決して一人でやっていけることではありませんから、市議会議員、県議会議員、国会議員の方々にも教えていただきながら、しっかりとしたパイプラインを築き上げてきました。

 

この度、みなさんのお力添えいただいて西条市長になれましたなら、みなさんお一人おひとりの夢や希望を、よりいっそう元気づけるためにも、県や国だけでなく全国各地、あるいは諸外国の大使館とも友好を深め、協力しあって「ワクワク度日本一宣言の西条」を実現させるために、全力を尽くします。

なにとぞ、まずは、西条市民皆さまの貴重な一票を玉井としひさに投じてください。

 

「地下水保全管理計画」は即刻見直し、

費用徴収しない方法で保全対策に取り組むことをお約束します。

 

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

5つの基本政策=公約の3番目、『市民と進める行財政改革』の実現について、玉井としひさの思いをお届けします。

 

t1115hp503

 

みなさん、今までは「行政改革」という言葉は、よく聞いたことがあると思います。

 

玉井としひさが掲げる「行財政改革」とは、みなさんへの市民サービスの内容と重要性を再点検しながら、必要なものについては

最小限の経費で最大限の効果を引き出す!

ということです。

 

これを確実にすすめるためには、これまで以上に、みなさんのご意見を頂き、それを反映させながら検討していく必要があります。玉井としひさが、公約の1番目にかかげました『「市民主役の西条」の実現について』を思いだしてください。そこに明記しましたように、あらたに若者会議や女性会議(仮称)などを立ち上げ、市民のみなさんに参加していただき、ヒザをつき合わせた対話活動を進めることで、

“市民目線の行政”を実現していきます。

 

ここでかかげた“最小限の経費”を算出するためには、現行の事業内容や財源の内訳などを誰でもが目でみて確認できるようにする、

いわゆる“行政の見える化”をすすめながら、徹底した組織や事業の見直しと、その改善にとりくみます。

 

こうした行財政改革を実現するためには、企画部門の強化も必要です。

そのために“自治体シンクタンク”の設置にとりくみます。

自治体シンクタンクとは、色々な企画の立案と実行ために、西条市職員だけではなく、全国各地から専門家の方々のお知恵を拝借する仕組みのことです。

 

t1115hp872

 

 

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

ますます地方主権の時代となり、それにつれて都市間競争も激しくなっていく時代です。それを乗り切っていくために、『市民と進める行財政改革』の実現を公約に掲げたのです。

もう少し分かりやすくいいますと、柔軟な発想とフレッシュな感性による創意工夫を積み重ねていくために、若手や女性職員の積極的な管理職登用をすすめるとともに、中央官庁との積極的な人事交流をおしすすめていきます。

 

また、市民サービスの充実とみなさんの満足度を高めることが、玉井としひさの使命と考えておりますので、たとえば24時間いつでも税金の納付が可能なコンビニ収納とか、みなさんのニーズにあった収納方法の実現にも取り組みます。

 

t1115_hp1

 

* 「5つの基本政策=公約」シリーズ、明日は、『夢が持てるまち西条』の実現について、玉井としひさの思いをお届けします。

 

 

 

 

もしも皆さんが、

 

安心して住みつづけてゆける西条を

 

お望みなら、

 

玉井としひさにお任せください!

 

 

もしも皆さんが、誇りにおもえる故郷をお望みなら、

その夢と希望を、玉井としひさに託してください。

 

 

もしも皆さんが、これから育つお子さんやお孫さんの

幸せを願うなら、玉井としひさを信じてください。

 

 

 

玉井としひさは、

決して皆さんとの約束を破りません!!

 

 

 

玉井としひさは、西日本最高峰であります石鎚山に

誓って皆さんを失望させません!!

 

 

そのためにも、どうぞ皆さんの大切な一票を!

ムダにしないでください!!

 

t1115_hp213

玉井としひさは、「市民主役の西条!!」という大きなテーマをかかげています。

 

このたび、みなさんが投じる一票は、みなさん一人ひとりが主役になるためのスペシャルチケット、その大切な一枚目なのです。

どうぞムダにしないで。

 

 

玉井としひさは、みなさんの貴重な一票を心から感謝して受けとめ、みなさんとともに、まぶしく明るい夢と希望があふれ出す、「ワクワク度日本一の西条」をつくってゆきます。

 

玉井としひさ

 

 

 5つの基本政策=公約の2番目、『住みたい西条』の実現

について、玉井としひさの思いをお届けします。

 

t1114452hp 

1.消防・救急体制の充実強化をすすめ、たとえば現在では不安だといわれている河北地区にも出張所を新設し、救急隊を常駐させる、このような安全・安心に暮らせるまちづくりを進めながら、子どもを産み育てやすい環境づくりを整えていきます。

 

市内に住んでいる方からは「ずっと住みつづけたい」と言ってもらえるように、市外・県外の方からは、「できれば西条に移り住みたい」といってもらえる、そんな西条市にしていきたいと考えています。

 

 

2.すこし詳しくおはなしすると、「健康都市」を宣言します。

そして、県議会議員当時からライフワークとして取り組んできた“がん対策”を積極的に推し進め、がん対策推進条例の制定を、中学2年生ピロリ菌対策事業等によるがん予防、あるいは中小零細企業と連携した“健康経営”の推進などに取り組むとともに、生活の質の向上等を通じて、健康な状態で長生きできる地域社会の実現を目指したい。

 

 

3.全国的な社会問題となっている少子高齢化について、西条市においても現状分析をしっかり行います。それにもとづいて、将来の見通しをたて効果的な対策を立案推進していきます。また、いわゆる買い物弱者、交通弱者にたいしてもより適切な対策をこうじることで、誰もが住みなくなる西条市を目指します。

 

 

玉井としひさは、市民の皆さんとの公約を、必ず守りぬきます!

 

 

玉井としひさが、かつて政治家を志した頃から大きな仕事は一人ではできない、という思いのもと当時から市議会議員、県議会議員、国会議員の方々とも交流を深めてまいりました。

今回の玉井の決断にさいし、応援に駆けつけてくださった馳 浩(はせ ひろし)もと文部科学大臣とは、以前から親交がありますし、つまり、国との太いパイプラインもできております。

 

15053331_1007084602754741_1329440497_o

 

これまで培ってきた人的ネットワークをフル活用し、ICT教育等のさらなる充実を図ることにより、グローバル化が進む社会にあって必要不可欠な“21世紀型スキル”の醸成にも精力的に取り組みます。

 

 

* 「5つの基本政策=公約」シリーズ、明日は、『市民と進める行財政改革』の実現について、玉井としひさの思いをお届けします。

Copyright(C) Toshihisa Tamai All Rights Reserved.